見た目も使用方法もよく似たヒートスリム42℃とロロチェンジパッチ。何が違うのか比べていきましょう。

まずヒートスリム42℃とロロチェンジパッチ2つの商品の特徴を見てみました。

ヒートスリム42℃とは?

  • 貼って日頃と同じ生活をするだけでいいと言われているダイエット商品です。
  • ヒートスリム42℃のパッチにはカプサイシンが入っていて貼っているとジワジワ貼った部分が温かくなっていきます。
  • 体感温度は名前の通り42℃と体温より高めに作られています。
  • 厚さはわずか1mm。
  • ヒートスリム42℃の効果は8時間持続します。
  • 美容に敏感な韓国で作られ韓国で特許が取得されています。
  • 内容量は8シート。
  • 腹部前面から少し脇腹に届く程のサイズになっています。
  • 使用方法の注意:肌に密着するので毎日使用するのではなく1日おきの使用が望ましいとされています。
  • お腹だけではなく気になる部分どこにでも貼れますが腹部用の形しか取り扱いがありません。

ロロチェンジパッチとは?

  • 貼ったまま日頃と同じ生活をするだけでいいと言われているダイエット商品です。
  • ロロチェンジパッチにはカプサイシンを始め茶葉エキス・イチョウ葉エキスも入っていて貼っていると貼った部分がジワジワ温かくなっていきます。
  • 体感温度は36.5℃とほぼ体温と同じに作られています。
  • ロロチェンジパッチの効果は8時間持続します。
  • 美容に敏感な韓国で作られパットに入っている「エクティポニン」という成分が韓国で特許を取得しました。
  • 内容量は7枚・10枚など種類がある。
  • 横幅が広いので脇腹をすっぽり包み込むサイズで脇腹痩せまで効果が期待できる。
  • 使用方法の注意:肌に密着するので毎日使用するのではなく1日おきの使用が望ましい。
  • お腹だけではなく、足用の真っ直ぐな形もあるのでお腹や足以外にも使いやすい。

二つの商品を比べてみて・・・

ここまで二つの商品の特徴をあげました。まず大きく違うのは体感温度です。

ヒートスリム42℃よりもロロチェンジパッチの方が低めに作られているところです。ですが内容成分も違うので効果が劇的に変わるという事もないようです。

次に種類です。

ヒートスリム42℃は腹部用の形1種類のみの取り扱いに対してロロチェンジパッチは腹部用の他、足用も作られています。

足用の真っ直ぐな作りの物をフェイスラインに貼ることもでき顔痩せにも使用でき、効果が欲しいところに貼りやすくなっています。

(お顔に貼る際は、貼る時間を短めにするなど肌に異常が見られないか注意してください)

そして商品自体のサイズです。ヒートスリム42℃も脇腹に届きますがすっぽり包み込むとまでは言わないサイズになっています。

ロロチェンジパッチはと言うと個人差はありますが脇腹を通り越して脇腹より更に後ろの腰の近くまで届くサイズです。

持続効果はどちらも8時間と同じで、使用方法も変わりませんが、密着力が良いので皮膚呼吸の為にも1日おきの使用を推奨されていました。

以上の点を見ていただきどちらを購入するか検討している方、どんな商品か興味をお持ちの方のお役に立てればと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

>>ヒートスリム42℃公式サイトはこちら