皆さんどのようなダイエットをしていますか?

ウォーキングやランニング・室内での筋トレなど色々なダイエット方がありますよね。

筆者も「ランニング」から始め、きつくて続かないと諦め、「ウォーキング」に変えてみたりと試行錯誤していました・・・。

ですがウォーキングやランニング・筋トレは正しい方法で行わないと望んでいる効果が得られない場合があるのです。

そこで、もっと楽で尚且つ効率的に効果が得られる方法を探していた時「プールで行う水泳ダイエット」を知りました。

では、水泳ダイエットはどのぐらいの効果があるのかを調べてみました!

水泳での運動消費カロリーは?

プールで水泳をする場合と陸で運動する場合どれほどカロリーを消費できるのか比べてみます。

クロールを1時間行った場合・・・最大1300キロカロリー
水中ウォーキングを1時間行った場合・・・最大400キロカロリー

同じカロリーを陸で行う運動で消費するには・・・
ランニングの場合(1時間約600キロカロリー消費)・・・2.5時間
ウォーキングの場合(1時間190キロカロリー消費)・・・7時間

どちらもクロールを1時間行った際の最大消費カロリー1300キロカロリーで計算しました。

見ていただいて分かるように差は歴然です!!ウォーキングに至っては7時間の運動量を1時間で消費することができるのです!!

落ちにくいお腹周りは水泳で落ちるのか?

では、中々落ちにくいお腹周りのお肉を水泳で落とせるのか・・・。

答えは・・・落とせます!

プールの中に居るだけで体に水圧がかかります。その為、プールの中でウォーキングをしたり、泳いだりするだけで水圧が常に体にかかっているので、インナーマッスルの強化・血流が良くなることから老廃物の排出がスムーズに行うことが出来る効果があるのです。

このことから落ちにくいお腹周りのお肉にも効果があると言われています。

これなら大変な腹筋できつい思いをしたり、腰や首に負担をかける事もなく手軽に腹筋強化が期待できますね!

さらに効果を出すためには?

せっかく水泳ダイエットを始めるならさらに効果を上げたいですよね!

効果をさらに出せる方法をこれから上げます!

・プールの頻度は1週間で2回~3回。

・プールに入るタイミングは食前がいい。
(食後の運動に・・と思われるかもしれませんが、内臓に負担がかかるので危険です。)

・効果別の泳ぎ方を知り自分に合ったメニューを作る。

クロール・・・とにかくカロリーを消費したい人向け。インナーマッスル強化の効果もカロリー消費率も一番高い泳ぎ方

平泳ぎ・・・ゆっくり泳げる平泳ぎは初心者の方にもオススメです。股関節の柔軟に効果があり下半身痩せに効く泳ぎ方

背泳ぎ・・・腹筋と背筋を同時に使う泳ぎ方で、お腹と背中のお肉が薄くなります。ボディラインを整えるのにおすすめな泳ぎ方。

バタフライ・・・クロールと同程度の消費カロリーである上、全身をくまなく使う泳ぎ方なので、全身痩せに効果があると言われています。

・疲れた時は休憩又は水中ウォーキングに切り替える。

以上が効果を上げたい時に気を付ける点です。

これまで水泳がお腹周りのダイエットに効くのかを書いてきました。結果、お腹周りだけではなく全身に効くという事がお分かりいただけたかと思います。

これからプールダイエットを始める方の役に立てればと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!