皆さんダイエットの経験はありますか?

きつい運動や食事を我慢するなどの経験をされた方もいるのではないでしょうか・・・。

今回はきつい運動も食事も我慢する必要がない・・・貼るだけのダイエット商品「ヒートスリム42℃」と「スリムインナーパッチ」の違いについて書きたいと思います!

この2つのどこがどう違うのか?どのような商品なのか?そんな情報を知りたい方に分かりやすく比較してみたいと思います。

ヒートスリム42℃の特徴

・持続効果が8時間あります。
・商品サイズが腹部から脇腹近くまであります。
・韓国で製造されています。
・内容量8枚入りです。
・カプサイシンが主な成分となります。
・貼っているとじんわりと温かくなってきます。
・連日の使用は皮膚呼吸の妨げになるので控えるようにと注意書きがあります。
・使用中の体感温度は42℃と体温よりも温かく作られていて貼っている箇所全てが温かくなります。

スリムインナーパッチの特徴

・効果が24時間以内なら続きます。
・商品サイズが小さいので痩せたい場所にのみ貼るようになっています。
・日本で製造されています。
・内容量15枚入りです。
・決明子(ケツメイシ)が主な成分となります。
・貼っていると中心の円の部分がじんわりと温かくなってきます。
・連日の使用への注意書きは特にありません。

ヒートスリム42℃とスリムインナーパッチの違いは?

ここまでヒートスリム42℃とスリムインナーパッチの2つの商品の特徴を見てみました。

大きく違う点は・・・

商品のサイズ

・ヒートスリム42℃は主に腹部に貼るよう、横長に作られています。
ですが使用したい箇所に合わせてハサミでカットし使用できる作りになっているので、足や腕にも貼りやすくなっています。

・スリムインナーパッチはホッカイロ程の大きさに作られています。

部分痩せを希望の方には貼りやすい大きさになっています。こちらの商品はカットして使用が出来ない作りになっています。

痩せたい希望の箇所のツボを意識して貼ることにより更に効果があります。

持続効果の時間

・ヒートスリム42℃の持続効果は8時間とされています。その為1日の中で日中のみか、就寝前に貼るのがオススメです。

・スリムインナーパッチの持続効果時間は24時間!
朝貼って、翌朝までという事になるので温かさを長く感じることができる商品です。

「製造国と主成分の違い」
・ヒートスリム42℃は韓国で製造されています。主成分はカプサイシンです。

カプサイシンは脂肪燃焼やセルライトの除去にも効果があると言われています。

・スリムインナーパッチは日本で製造されています。
主成分は決明子です。決明子(ケツメイシ)と聞くとあまり聞きなれない成分だとは思いますが、決明子とは生薬に使われることが多く、健康にいいと言われているハブ茶にも使用されている成分です。

整腸作用や利尿作用に優れていて老廃物の排出を助ける役割があります。

色々と比較をしてきましたが、どちらの商品も貼っている場所をじんわりと温めてくれる商品になっています。

今までダイエットを経験したけど思い通りの結果にならなかった方・初めてダイエットに

挑戦される方のお役に立てればと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。

>>ヒートスリム42℃公式サイトはこちら